名古屋市のひらばり眼科
HOME>子どもの眼鏡について

子どもの眼鏡について

仮性近視の治療は必要ありません。大事なのは予防。
仮性近視は文字通り、まだ本当に近視になっていない状態です。
近くのものを見すぎて、一時的に遠くものが霞んで見えにくくなった状態を仮性近視と言います。ピント合わせをする毛様体筋の過度な緊張(調節けいれん)が原因です。
仮性近視(調節けいれん)は特別な治療をしなくても治せます。毛様体筋の緊張は眼を使わない状態をしばらく保てば自然に回復します。

問題は仮性近視(結果)ではなく、仮性近視を引き起こした環境(原因)です。この環境を放置すると常に近視化の圧力がかかり近視が進みます。
姿勢を良くして本などを見る。長時間ゲームをしない。家の外で積極的に遊ばせる、スポーツをさせる。でもなかなか実行は難しいのが現実です。日本では目を酷使する生活環境が蔓延しているからです。

このため視力が落ち始めた頃には、ほとんど方が仮性近視と本当の近視(真正近視)が同時に起こっている状態になっています。


仮性近視、近視の治療方針を決めるには「正確な視力検査」が重要です。
単に視力の数字だけでなく近視度数、乱視の有無、毛様体筋の反応性などから総合的に判断し今後の治療に反映させます。雲霧法のみでは毛様体筋の緊張を解きほぐせない時はサイプレジン点眼液を使用して検査をします。近視では眼球が後ろの方に延びてくるため「眼軸長」を測り参考にすることもあります。
単に視力が悪くなってきたから「仮性近視」、訓練をしても治らないから「真正近視」と判断するのではありません。

   
仮性近視、近視の治療方針を決めるには「正確な視力検査」が重要です。
単に視力の数字だけでなく近視度数、乱視の有無、毛様体筋の反応性などから総合的に判断し今後の治療に反映させます。雲霧法のみでは毛様体筋の緊張を解きほぐせない時はサイプレジン点眼液を使用して検査をします。近視では眼球が後ろの方に延びてくるため「眼軸長」を測り参考にすることもあります。
単に視力が悪くなってきたから「仮性近視」、訓練をしても治らないから「真正近視」と判断するのではありません。

ひらばり眼科で行う検査・治療
視能訓練士による正確な検査、診断
通常の眼鏡、コンタクトレンズ処方
近視の進行を遅くするオルソケラトロジー(角膜矯正療法)
目薬での治療(ミドリンM点眼液、ミオピン点眼液、低濃度アトロピン点眼液)


ホントは気になる!眼鏡の基本
 最初に作るのは、“弱いメガネ”が良いのか?
 一概にはいえません。
例えば0.8くらいの視力の子が1.0見えるメガネをかけてもあまり良く見えるとは感じにくいものです。そこで1.2くらいに見える眼鏡をオススメします。
また、0.3の子が同じ1.2が見えるメガネにすると、急によく見えるようになり、クラクラしてしまうことがあります。
その場合はまずは0.8くらいの眼鏡をつくり、1か月くらい見える世界に目を慣らし、その後1.2が見えるメガネに変えていきます。
 
眼鏡が必要な時期はいつ頃でしょうか?
メガネは、視力の数値や年齢に関わらず、生活の中で見えにくさを感じたら掛けるようにします。
とはいえ目安はあり、子どもの場合、学校では 視力が0.7~0.8くらいになったらメガネを勧められます。
しかし子どもは「見えにくさ」を自覚しづらく、「見えにくい」とはほとんど言いません。
また、「見えにくさ」を自覚するかしないかの頃には目を細めて見るようになるので、目を細めるようになったら、眼鏡をかけた方が良いでしょう。
 
眼鏡をかける時間はどれくらい必要ですか?
基本的にはずっと掛けましょう。
子どもは見えにくさを自覚しづらいです。本人が自発的に不便を感じない限りメガネを掛けることは難しいでしょう。そこで最初の1、2か月、毎日1日中メガネを掛けることで、生活の中で「見える」という感覚をしっかり覚えてもらいます。そうすることで、外した時に「見えにくい」となるわけです。そうなったら、お子さんの判断に任せてOKです。

(弱めに合わせたメガネより、遠くがよく見えるメガネの方が近視の進行が遅いという論文が増えています。近視が進行に合わせて眼鏡を変えましょう。)